生活クラブグループ
市民セクター政策機構

市民セクター政策機構 市民セクター政策機構は、生活クラブグループのシンクタンクとして、市民を主体とする社会システムづくりに寄与します。

ブックレット

●ブックレット『ーここまで実現したー「庄内FEC自給ネットワーク」の“いま”と“これから”』が完成しました

●価格:500円(送料込み) ●サイズ:B5 ●ページ数:32頁 ●発行日:2019年5月30日

2015年、生活クラブでは、「食(Food)」「エネルギー(Energy)」「福祉(Care)」を地域で自給することによって、

仕事と雇用を増やし、人口減少にストップをかける「FEC自給ネットワーク構想」を掲げました。

荒波を乗り越え、生産者が主体となった持続可能な地域づくりを進めるべく、山形県庄内地域で具体的な取り組みが始まっています。

本書は構想が現実になりつつある「庄内FEC自給ネットワーク」の記録(2019年5月現在)です。

 

■目次

はじめに

1.新たなステージに入った生活クラブと生産者

2.長年の提携産地、庄内地域の現状と課題

3.「生活協同組合 庄内親生会」の設立と生産者による地域事業(Food)

4.庄内地域でのエネルギー自治(Energy)

5.庄内の「参加型福祉コミュニティづくり」(Care)

6.SDGsを先取りする「庄内FEC自給ネットワーク」

 

発行:一般社団法人市民セクター政策機構

協力:特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター

頒価:500円(送料込み)

 

ご購入は、市民セクター政策機構までご連絡ください。

mail:civil<at>cpri.jp  <at>を@に変えてください。

tel:03-5292-5051

fax:03-3205-3111

格:500円(送料込み)

●ページ数:32頁
●発行日:2019年5月30日