生活クラブグループ
市民セクター政策機構

市民セクター政策機構 市民セクター政策機構は、生活クラブグループのシンクタンクとして、市民を主体とする社会システムづくりに寄与します。

4.ライフ・ワークバランス先進国オランダのいま
社会・教育事情研究家:リヒテルズ直子

<好評発売中>季刊『社会運動』2021年7月【443号】特集:ワーカーズ・コレクティブ―労働者協同組合法を知る

 オランダのパートタイム労働者の賃金や雇用待遇は、フルタイムのそれと違いはない。また、子育てなどその時々のライフステージに合わせ労働スタイルを選ぶことができる。しかし、このように労働者の「ライフ・ワークバランス」(*)を実現したオランダですら、近年、臨時雇用や派遣職員たち、フレックスワーカーなどが増加しているのだ。
 リヒテルズ直子さんに、オランダにおけるライフ・ワークバランス生活を紹介してもらうとともにフレックスワーカーがなぜ急増しているのか報告していただいた。

*オランダでは「ワークよりライフを優先する」という意味で「ライフ・ワークバランス」という言葉がよく使われる。

(p.134 記事全文)

インターネット購入