生活クラブグループ
市民セクター政策機構

市民セクター政策機構 市民セクター政策機構は、生活クラブグループのシンクタンクとして、市民を主体とする社会システムづくりに寄与します。

ブックレット

●道場親信著『「戦後日本の社会運動」と生活クラブ』

2016 年9月にご逝去された道場親信さん(和光大学教授。当機構常任理事)は、2015年「岩波講座日本の歴史 第19巻」で「戦後日本の社会運動」を発表されました。そこでは様々な既存の「史観」を批判的に分析することを通じて自説を展開されています。これを受けて、2016年4、5、6月に病気をおして研究会を引き受けていただき、とりわけ70年代以降について、社会運動における生活クラブの位置を含めて、熱心に語っていただきました。

この3回の講演録を『「戦後日本の社会運動」と生活クラブ』としてまとめ、刊行しました。

 

=目次=

・謝辞 夢を共にしてきた仲間として――岩根邦雄

・第1講演「戦後日本の社会運動」と生活クラブ

・第2講演 時代ごとの社会運動のあり方を振り返る

・第3講演 1970年代の新しい消費者運動をめぐって

・講演 個人化社会におけるつながりと生活クラブ運動

・解題 道場さんが私たちに残したもの――加藤好一

 

発行:市民セクター政策機構 非戦・平和・社会運動プロジェクト          

2016年12月。A5版112頁、頒価500円(送料別)