生活クラブグループ
市民セクター政策機構

市民セクター政策機構 市民セクター政策機構は、生活クラブグループのシンクタンクとして、市民を主体とする社会システムづくりに寄与します。

研究会・イベント

●市民セクター政策機構が主催するイベント、研究会、出版情報などをご案内します。

2018年4月~10月(東京都:千代田区)インタビュー講座<憲法再入門――立憲主義をとり戻すために>平和力フォーラム2018 第2回、第3回、第4回開催のご案内

●市民セクター政策機構が協賛するイベントのご案内です。

 

安倍首相は9条に自衛隊を明記しても「何も変わらない」と詭弁を弄し、他方で船田元・自民党憲法改正推進本部長代行は「北朝鮮状勢などを考えれば自衛隊明記は重要」と市民に語りかけるなど、人類が積み重ねてきた平和主義(非戦)と平和的生存権をはじめ平和への権利の歴史を忘却・否定して、ひたすら戦争国家への道へ私たちを引きずり込もうとしています。戦争するための改憲策動NO! 戦争国家への転落NO!と私たちは声を大きく上げなければならないのではないでしょうか。

今まさに、いったい憲法とは誰のものなのか。憲法が権力者による人民管理・支配の道具になれば今までの私たちの暮らしや権利はいったいどう変わるのか。

年内に「改憲発議」という正念場を迎えている今田からこそ私たちはしっかり考え抜き、再度、平和主義、立憲主義、民主主義の進化を見つめ直し、再確立しなくてはならないのではないでしょうか。

このインタヴュー講座は、そのための学びの場、平和づくりを学び合う場です。皆さんの参加をお待ちしております。

 

 

2018年4月~10月 インタヴュー講座<憲法再入門――立憲主義をとり戻すために>

平和力フォーラム2018

■第2回 4月14日 小沢隆一さん「憲法は誰のもの?安倍改憲論をバッサリ!」

■第3回 5月19日 清水雅彦さん「安倍政権の改憲論を斬る」

■第4回 5月20日 田中利幸さん「日本国憲法の光と影」

*インタヴュアー 前田朗さん(東京造形大学教授)

日本民主法律家協会理事、国際人権活動日本委員会運営委員、救護連絡センター運営委員、RAWAと連帯する会共同代表。主著に『軍隊のない国家』(日本評論社)、『9条を生きる』(青木書店)、『旅する平和学』(彩流社)など多数。

*各企画の詳細は下記をご覧ください。

 

2018年 インタヴュー講座>  *第7回は講演形式

■第2回:「憲法は誰のもの? 安倍改憲論をバッサリ!」

・日時 2018年4月14日(土)14:00~17:00(開場13:30)

・会場 横浜市開港記念会館 2F 9号室

横浜市中区本町1-6 

アクセス  http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html

・資料代 500円

・講師 小沢隆一さん(東京慈恵医科大学教授・憲法学)

主著に『歴史の中の日本国憲法』(地歴社)、『はじめて学ぶ日本国憲法』(大月書店)、『クローズアップ憲法』(法律文化社)、『市民に選挙をとりもどせ!』(大月書店)など多数。2015年7月には安保法制を審議した衆議院平和安全法制特別委員会で公述人を務める。

 

 

■第3回:「安倍政権の改憲論を斬る」

・日時 2018年5月19日(土)14:00~17:00(開場13:30)

・会場 ラパスホール(東京労働会館)

              豊島区南大塚2-33-10

              アクセス http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/gyojimap_rapasuhoru.htm

・資料代 500円

・講師 清水雅彦さん(日本体育大学教授)

戦争をさせない1000人委員会事務局長代行、九条の会世話人。主著に『憲法変えて「戦争のボタン」を押しますか?―「自民党憲法改正草案」の問題点』、(高文研)『緊急事態条項で暮らし・社会はどうなるか―「お試し改憲」を許すな』(現代人文社)など多数。

 

 

■第4回:「日本国憲法の光と影――憲法9条と1章『天皇』の根本的矛盾」

・日時 2018年5月20日(日) 14:00~17:00(開場13:30)

・会場 スペースたんぽぽ 4F

              千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル4F

              アクセス http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=336

・資料代 500円

・講師 田中利幸さん(歴史家、「8.6ヒロシマ平和へのつどい」代表)

歴史学、戦争犯罪史。著書に『知られざる戦争犯罪―日本軍はオーストラリア人に何をしたか』(大月書店)、『空の戦争史』(講談社現代新書)など多数。

 

 

※第5回以降の時間・会場は決まり次第ご案内します。

第5回:6月9日(土)午後

    飯島滋明(名古屋学院大学教授)「安保法制違憲訴訟の現状」

第6回:7月21日(土)午後

    清末愛砂(室蘭工業大学准教授)「国のかたちと家族のかたち」

第7回:9月15日(土)午後

    前田朗(東京造形大学教授)「表現の自由を守るために」

第8回:10月13日(土)午後

宋連玉(青山学院大学名誉教授)「日本国憲法と植民地主義」

 

 

主催・問い合わせ先:平和力フォーラム

192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556

東京造形大学・前田研究室

042-637-8872

E-mail: maeda*zokei.ac.jp  (*を@に変えてください)

 

 

協賛団体:

アジア・フォーラム横浜

「慰安婦」問題解決オール連帯ネットワーク

沖縄と東アジアの平和をつくる会
女たちの戦争と平和資料館(wam)

九条科学者の会

憲法9条―世界へ未来へ連絡会

国分寺9条の会

子どもの未来を望み見る会
実教出版教科書・五輪読本問題に関し、違法不当な都教委を訴える会
市民セクター政策機構
スペース・オルタ
東京都学校ユニオン

日本反核法律家協会

日本友和会

ピースボート

本郷文化フォーラムワーカーズスクール(HOWS)

マスコミ市民フォーラム

無防備地域宣言運動全国ネットワーク

村山首相談話の会