生活クラブグループ
市民セクター政策機構

市民セクター政策機構 市民セクター政策機構は、生活クラブグループのシンクタンクとして、市民を主体とする社会システムづくりに寄与します。

動画 archive

●一般社団法人市民セクター政策機構制作による動画一覧です。
●動画のアイコンをクリックすると当機構の「YouTube公式チャンネル」へジャンプします。


第1回(2020年9月5日)

オンライン連続セミナー「コロナ禍における協同組合の価値」

テーマ:「持続可能な日本と地域社会ビジョン-SDGsとFEC自給ネットワーク」

講師:古沢広祐(國學院大學客員教授/環境・持続社会」研究センター(JACSES)代表理事 市民セクター政策機構理事)

コロナ禍によって、SDGsはさらに重要性が増した。 とりわけインバウンド需要が激減した日本では、持続可能で地方分散型の社会をつくることが急務である。「庄内FEC自給ネットワーク」を事例に、持続可能な地域社会の実現に向けた協同組合の価値と役割を考える。

主催:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)/市民セクター政策機構


第1回連続Webセミナー「コロナ禍と社会的連帯経済を考える」(9月12日<土>)


テーマ:「コロナ禍における社会的連帯経済の価値」

講師:柳沢敏勝氏 (明治大学教授/元協同組合学会会長)  

2008年のリーマンショック以降、新自由主義に対する批判が語られ、今回の新型コロナウィルスによって、更に加速した感があります。その中で世界的には「社会的連帯経済」の価値が高まっていることについてお話しして頂きます。

主催:社会的連帯経済を推進する会

共催:一般社団法人市民セクター政策機構